成長する考え方

弊社の仕事も“やりがい”もありますし、“たいへん”なところもあります。

1つの作品を仕上げて無事に納品するという事は、クライアントに満足してもらうという事です。

自分が相手の気持ち(お金を支払う側)になって考えてみれば分かると思いますが、パースといっても単なる建物の「絵」ですから、「この絵は嫌い」と思うこともありえます。

そう言われれば、その評価を甘んじて受け入れなければなりません(涙)

つまり、制作者が、”この「絵」は良い”と思っても、クライアントが”この「絵」はダメ”と評価する事は普通にある事なんです。←当たり前ですが(汗)

クライアントから良い評価を得られなければ、 制作者の不手際になります。いくら制作者が良かれと思って作業をしても、そのような「制作者の気持ち」はまったく関係はありません。

厳しくつらい事ではありますが、良い評価を得られなければ、“自分の実力”“自分の問題”と捉えなければなりません。

マイナス思考の方がそう思えば”うつ病”にでもなってしまうのではないしょうか。。ですがクリエイターはプラス思考の人間が多いです。

なぜかと言うと、創造をするという事は、前向きでプラス思考でないとできないからです。

誰でもマイナスに考えてしまう時はあります。でも、その時に意識的にプラスに考え直すのだと思います。

どんなに辛い評価でも、”叱咤激励”とプラスに捉え、自分を向上させて行きます。

当たり前の事ですが、間違っても「クライアントが悪い」なんて事は考えてはいけません。

ラーメン屋が、まずいラーメンを作っておいて、客に「マズイ」と言われたら、「オレのラーメンはお前みたいな”ど素人”には分からないんだよぉ!」なんて逆ギレをする事と同じ事になってしまいますので(汗)

いつでも問題は、 “未熟な自分”なんです。

そのような意味で“自責”と考える事は重要です^-^

仕事で使う”自責”とは、一般的に言う”自責の念”とは少し意味合いが違います。

“自責の念”とは”自分を責める”ということですが、仕事においての”自責”とは、”自分にはもっと何か出来たのでは?”と考えるという事です。

つまりは自分の問題と捉えるという事です。。。自分の責任において進めるという事ですね^-^

そう考えると成長して行けます^-^

何事も自分の問題と捉えましょう!